航空ファンによる航空・旅行ブログ

このブログの面白みがわかる人は、きっと飛行機好きです。

【最優秀賞】航空無線の良さを語る。「航空無線は最高の異文化交流の場です。」

皆さんこんにちは。

楽しくヒコーキです。

今回は管制官パイロットが指示や許可、情報等を英語でやり取りする航空無線の良さを書いていきます。

それではよろしくお願いします。

 

航空無線は最も身近で、この上ないほどの異文化交流の場です。

f:id:airplanelove:20191222173558j:plain

航空無線はなんだか聴いてはいけない機密情報の塊のように思うかもしれません。

ただ、実際は航空無線を聴取することはまったく問題ありません(もちろん法にも触れない)し、国土交通省の公式ページでも「エアバンド(航空無線)を聴いてみよう」みたいのがあります。

なので、受信機(一般のラジオ受信機より少し高性能の種類)さえあれば、ラジオ感覚で誰でも聴取することができます。

 

日本一の国際空港「成田国際空港」は世界40ヶ国3地域を結ぶ路線があります。展望デッキで飛行機を見ていても、アジア、北米や中米、中東、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ等、世界各国の航空会社の機体が離発着しています。

空港に居るだけでも、多くの外国人に出会えますし、空港アナウンスで多くの外国語を聞くことができます。

ただ、空港滞在以上に外国語を楽しめる方法があります。それは、航空無線です。

管制塔やレーダー室にいる航空管制官と、世界各地からやって来たパイロットが交信する航空無線は、どの国でも原則英語か母国語(日本の場合は日本語)で行うことになっており、外国人パイロットに対しては100%英語で行われます。

先程書いた航空無線の受信機で航空無線を聴いていると、日本人の管制官アメリカ人のパイロットが英語で交信したり、日本人の管制官が日本人のパイロットと英語で交信したり、日本人の管制官がアジア人のパイロットと英語で交信したり…と、とても楽しむことができます。

また、管制官は一度に10機以上の飛行機を相手にすることもあります。つまり、一度に10以上の母国語を持つパイロットと英語で交信することだってあるんです。

f:id:airplanelove:20200324210525j:plain

アメリカ英語の後にイギリス英語、イギリス英語の後にオーストラリア英語、オーストラリア英語の後にフィリピン英語、フィリピン英語の後にインド英語…みたいに流れる航空無線は、誰でも聴ける身近な存在でありつつ、この上ないほどの異文化交流の場でもあります。

航空無線聴いてみると、国ごとにすごく訛りがあることが分かりますし、長く聴けば、英語の発音だけでどこの国の人かが分かるようにもなります。(自慢じゃないけど、僕は分かるようになりました)

僕自身が異文化交流の場に参加する訳ではありませんが、聴くだけでも楽しめますし、定型文が多いので大人でも子どもでも楽しめると思います。

また、外国人パイロットが管制官に対して「サヨナラ〜」とか「アリガト」と日本語であいさつをしてくれる時もあります。これは、外国への親しみや英語への興味を持つきっかけになると思います。

さて、ここからは航空無線で使われる英語がどのレベルの難易度なのか、英検のグレードをもとに見てみましょう。

※参考までに3級は中学卒業程度、準2級は高校中級程度、2級は高校卒業程度、準1級は大学中級程度、1級は大学上級程度とされています。この例えは、航空無線で使われる用語がどれくらいのレベルなのかを身近に例えた物だと受け取ってください。

 

まずは定型文から

f:id:airplanelove:20200124193903j:plain

Tokyo ground, Air Japan 109, request push back gate 60, with information A.(東京国際空港のグランド管制へ。こちらエアジャパン109便、プッシュバックを要求します。現在地はゲート60番で、空港情報はAを取得しています) 

Ground(地上)は英検2級レベル

Request(要求)は英検準2級レベル

Push(押す)は英検準2級レベル

Back(後退)は英検3級レベル

Gate(ゲート)は英検3級レベル

with(~と)は英検3級レベル

Information(情報)は英検3級レベル

 

f:id:airplanelove:20200322195815j:plain

JA123A, preceding traffic is vacated, runway 34R, cleared to land, wind 310 at 5kt.(JA123A、先行機は滑走路を離脱しました。滑走路34Rへの着陸を許可します。風は310度(北西)から5ノットです。)

Vacated(明け渡す)は英検1級レベル

Runway(滑走路)は英検準1級レベル(←意外とレベル高め)

Preceding(先行する)は英検2級レベル

Traffic(交通)は英検準2級レベル

Cleared(クリア)は英検3級レベル

Land(陸)は英検3級レベル

Wind(風)は英検3級レベル

 

情報報告編

f:id:airplanelove:20200324210754j:plain

All station Narita tower, latest pilot report, moderate turbulence at 15 miles West of airport. Altitude between, one zero thousand feet and one three thousand feet, reported by Boeing 787, just now.(成田タワーの全局(航空機)へ、最新のパイロットによる報告です。並の乱気流が空港の15マイル西、高度10000ftから13000ftの間で観測されました。報告はボーイング787が、たった今行いました。)

Turbulence(乱気流)は英検1級レベル

Latest(最新の)は英検2級レベル

Moderate(並の)は英検2級レベル

Altitude(高度)は英検2級レベル

Tower(タワー)は英検準2級レベル

Pilot(操縦士)は英検準2級レベル

Miles(マイル)は英検準2級レベル

Airport(空港)は英検準2級レベル

All(全て)は英検3級レベル

Station(局)は英検3級レベル

Report(報告)は英検3級レベル

West(西)は英検3級レベル

between(間)は英検3級レベル

Reported(-byを付けて「報告は」)は英検3級レベル

 

意外とやさしいですよね。

f:id:airplanelove:20200126101025j:plain

難しい英語をベラベラ話して、聴いてても全く分からない(*_*)ってほどのレベルじゃなかったですよね。

航空無線はパイロットや管制官の英語のスキルを測るものでは無く、あくまでも指示や許可が間違えなく正確に伝わる事が第一に考えられているので、間違える要素が無くて(単純で)できるだけ簡単な用語で構成されています。

だから航空無線は楽しいんです!

難しい英語が聞こえるだけじゃすぐに飽きてしまいます。でも、比較的簡単な英語を様々な母国語のパイロットが話すからこそ、英語の訛りやネイティブの発音を誰でも楽しむことができるんです!

これほど素晴らしい異文化交流の場は他に無いと思います。

 

今回はここまでにしようと思います。

(追記)

この記事が語学教育の総合企業「アルク」の厳正な選考により450記事中の最優秀賞に選ばれました。ありがとうございます。これを、このブログのモットーとしている航空事業理解促進への励みとし、これからも続けていきます。

英語で親しむ海外の文化─特別お題キャンペーン 「わたしと英語」「トーキングマラソンやってみた」の結果発表! - 週刊はてなブログ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

airplanelove.hatenablog.jp

airplanelove.hatenablog.jp

airplanelove.hatenablog.jp

airplanelove.hatenablog.jp

 

アルク #トーキングマラソン 特別お題キャンペーン「わたしと英語」

アルク「トーキングマラソン」×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by アルク「トーキングマラソン」