航空ファンによる航空・旅行ブログ

このブログの面白みがわかる人は、きっと飛行機好きです。

【わかりやすい! 中学生社会科】ハブ空港がもたらす経済効果と、求められる要件。

皆さんこんにちは。

楽しくヒコーキです。

今回は、社会科でも学習する「ハブ空港」について書いていきます。

それではよろしくお願いします。

 

ハブ空港とは何なの?

f:id:airplanelove:20191222173558j:plain

日本の首都でもあり、政治・経済の中枢である「東京」。

世界的に見ても大きな都市であり、そこには東京国際空港(通称 羽田空港)があります。

羽田空港は再国際化を遂げ、4本もの滑走路を保有する国際空港として発展し、これからはアジアのハブ空港として成長することでしょう。

そもそも「ハブ空港」とはどういった意味なのか、改めて認識しておきましょう。

日本各地や世界各国を高速で結ぶ飛行機は、空港と空港を結ぶ交通機関であり、バスや鉄道と比べると発着地が限られた場所に集中します。

「ハブ」という聞き慣れない言葉になると理解が難しくなってしまいますが、基本的にバスや鉄道の「ターミナル」と似たような意味があります。

あえて日本語で説明すると、ハブ空港とは拠点空港のことで、旅客や貨物をある空港に集約することで、管理がしやすくなり、利便性が向上するメリットがあります。

航空会社のビジネスモデルに「ハブアンド(&)スポーク」というものがあり、拠点と地方都市を放射状に結ぶもので、多くの航空会社が採用しています。

 

ハブ空港がもたらす経済効果

f:id:airplanelove:20191123134548j:plain

ハブアンドスポーク方式は、東京一極集中と似ているところがあり、地方からの旅客や貨物を一旦ハブ空港に全て集めるものです。

それにより、ハブ空港のある都市は経済的に大きな恩恵を受けることになります。

飛行機は分単位で運航することが特性上困難であることから、空港での乗り継ぎに必要な最低時間(MCT)は、空港やターミナルによって1時間以上が求められる場合があります。

また、国際線のフライトの場合、山手線のように2-3分に1本くるなんてことは無く、頻度が高い路線でもせいぜい1時間に1本、大抵の路線は1日に4-5本、少ない場合は1日に1往復のみや隔日運航ということもあります。

そうすると、ハブ空港滞在時の食事代、宿泊代、時間があって都市まで出掛けた場合の観光費(土産代)等々、ハブ空港がある都市は「プチ旅行」感覚で利用者がお金を使うことがあります。

空港周辺には豪華な宿泊施設が建設されたり、立派な鉄道や高速道路が建設されることもあれば、多国籍企業の支社が建設され、世界ビジネスの拠点となる可能性も十分あります。

 

ハブ空港にも種類がある

f:id:airplanelove:20200321145303j:plain

ハブ空港と言っても、様々な種類があります

貨物型のハブ空港や離島便のハブ空港、また世界のハブ空港なんて種類のもあります。

世界には貨物を重視した空港も数多く、アジアだと香港国際空港が貨物型のハブ空港にあたると思いますが、要は物流センターの国際空港版です。

世界各地からあつまる航空貨物を一度香港国際空港(貨物のハブ空港)まで運び、その後、香港国際空港から、アジア各国まで運ぶような仕組みで、本当に宅急便のセンターが大きくなった版です。

また、離島便のハブ空港もあります。

日本だと鹿児島空港那覇空港(沖縄)が典型だと思いますが、本土と島しょ部を結ぶフライトを集約する空港のことで、大抵の場合、離島便のハブ空港は一番発展している本土にあります。

そして、一番の肝は世界のハブ空港です。

ソウル、ドバイ、フランクフルト、ロンドン、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、シドニーなどなど、世界の主要都市には必ずハブ空港が存在します。

そして、そのハブ空港は世界各地を結んでいる「世界のハブ空港」であります。

世界のハブ空港になると、世界の名だたる主要都市と経済的な繋がりが強くなり、もたらす効果は計り知れないものです。

日本の羽田空港や成田空港の目指すところは、この世界のハブ空港と言えるのではないでしょうか。

 

世界のハブ空港に求められる要件

f:id:airplanelove:20200113132754j:plain

単に金をたくさん使えば、世界のハブ空港になる訳ではありません。

ここからは、世界のハブ空港に求められる要件を見ていこうと思います。

世界のハブ空港に求められる2つの絶対要件

  1. 航空管制的に優位な立地
  2. 地球儀で見た立地

 

航空管制的に優位な立地

f:id:airplanelove:20200104194021j:plain

ハブ空港に発展するには、航空管制の技術が必要不可欠です。

その航空管制の技術を最大限発揮できるような立地であることで、多くの飛行機を受け入れることが可能になり、世界のハブ空港へ発展することができます。

具体的に、航空管制的に優位な立地とは何なのかというと、例えば、空港周辺に高い山が無いことや、近くに海があること、長い滑走路を建設する土地があること、濃霧や強風が発生しないような場所であること、などが挙げられます。

空港周辺に高い山があると、離陸後や着陸前に飛行できる空域が限られ、発着数が制限されてしまう可能性があります。また、風向が頻繁に変動したり、急激に気象条件が悪化することもあります。

このようなことを回避する為に、空港周辺に海や湖なとがあると好ましいとされます。

極端に海風が吹くような場所ではダメですが、水辺が近くにあることで、空域が増えて、管制官が制約を課されることなく飛行機を誘導することができます。

また、燃料投棄やギアダウン(着陸に向けて車輪を降ろす動作)をする際に稀に起こる落氷の被害を少なくすることができます。

そして、空港建設に十分な土地があることも大切です。

 

地球儀で見た立地

f:id:airplanelove:20191204204858j:plain

世界から見て、その国がどのような立地にあるのか見ることも大切です。

日本は、アメリカ西海岸まで行くのにも10時間近くかかりますし、ヨーロッパに行くのにも12時間近くかかります。

このような立地の場所が、世界のハブ空港となり得るのでしょうか。

この答えは、下記記事にまとめてあるので興味のある方はぜひご覧ください。

airplanelove.hatenablog.jp

 

これからの日本の首都空港

f:id:airplanelove:20200125205855j:plain

国際的に首都東京を発展させることは、羽田空港の発展なしにはできません。

空港はその国を支えていると言えます。また、空港は自国と世界を繋いでいる数少ない場所であると言えます。

空港が世界のハブ空港に発展するという事は、その国が国際的に価値のあるものであることを証明すると伴に、その国の発展を約束したようなものです。

今日の日本には、騒音問題、落下物問題などの課題があります。航空機の安全運航を貫くために改善するところは改善すべきですが、身勝手な理由で空港の発展を阻害したり、恣意的な理由で空港の発展を阻害されたりするなんてことは、絶対にあってはなりません。

空港の発展が日本の未来を決めるという事を、国民ひとりひとりが自覚しながら、航空事業への国民の関心が高まり折衝すれば、必ずいい未来が来ることを信じています。

今はその過程にあるという事は、言うまでもありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

airplanelove.hatenablog.jp

airplanelove.hatenablog.jp

airplanelove.hatenablog.jp

airplanelove.hatenablog.jp